Forge my own path in life.

【採用担当の本音を暴露】なぜ脱サラ・転職が上手くいかないのか?本当の理由を公開!

就活・転職 脱サラ

本日は当方の本業のひとつ、転職活動のお手伝いをする中で得た教訓をシェアできればと思います。
これから脱サラや転職をしたい方はご参考いただければ幸いです。

かわせみ
今日は転職が上手くいかない理由についてだよ

おとこのこ
将来、複数の職種を経験するひともかなり増えてきたみたいだね

かわせみ
そうだね、転職や脱サラを考えた際に注意すべきポイントをみていこう

自分のことが分からない

働き方に悩んでいる方に最初に聴いているのは、以下のとおり。

  • 現状の働き方(仕事)はどうか?・・・現時点
  • 現状の転職活動の状況・・・現時点
  • どんな働き方がしたいのか?・・・手段
  • なぜ働くのか?・・・理由
  • 誰に対してどんな価値を与えたいか?・・・目的地
  • 何ができるのか?・・・得意/不得意

このような内容を深堀していくことで、候補者の方の考えの整理を
お手伝いさせていただいています。

悩みのある方の大部分は、全部もしくは一部に関して考えていなかったり、
考えがぼやけていることが多く、たいていの原因は外の環境などではなく
自分自身の考え方や行動に原因があることがほとんどです。

ちなみに私もまさにそれでした。過去の体験は他の記事でも記載していますが、
恥ずかしながら、元々全く自分のことが分からずに就職をしていました。

例えば、私の場合20歳のときにWEBベンチャー企業でインターンを経験し、
WEBサービスや最新技術に関わる仕事がしたいと思っていました。
ですが、結果的に就職活動が進むにつれて周りが内定を獲得するなかで焦ってしまい、

いつしか、就職するための就職活動になっていきました。
自分の適性等をしっかりと認識できておらず、新卒でのキャリアを選ぶことになります。
(結果的に採用や働き方に関する知識や考えが深まり、今に活きているとも感じています。)

思い返せば、元々フリーランスや個人社長のようなポジションで
一人でビジネスをしてみたいという気持ちはありました。
それを心の奥底にしまいこんで、就活をしていたことを今になって認識する始末です。笑

自分を棚に上げるつもりはありませんが、「自分の気持ちに素直にしてほしい」です。
自分の気持ちや考えを曲げてキャリアを選ぶと、後から苦労や後悔がつきまといます。
だからこそ、転職活動や人生の転機を迎えた方々には、ご自身の状況を正しく把握してほしいと
そう願って面談を繰り返す日々です。過去に自己分析についてもまとめているのでご参考までに。

【脱サラ or 転職】自分の個性を見つける3つのヒント(自己分析)

自分のことしか考えていない

主語がいくら聴いても「自分」の方がいらっしゃいます。
自分の専門性やこだわりの職種や働く場所など。
出てくるのはご自身の都合ばかり。
もしくは作られた企業向けのストーリーしか出てこない。
自分が可愛いのは痛いほどわかりますが、
残念ながら人事部の方はすぐに見抜きます。

会社員時代、ある企業の敏腕 人事部長さん(キャリア20年)と
一緒にお仕事させていただいた経験があるのですが、
彼は相手と話さなくても雰囲気やしぐさで相手の考えを言葉に
できるほど洞察力に優れた方でした。。

  • 変に自分にウソをついてブランディングする
  • 自分の都合ばかり話す
  • 企業向けのエピソードを語る

どれもNGです。ただし、もし現状それをやっているとしたら、
そういう自分をまずは認識するところから始めましょう。

手段探しのサイクルから抜けられていない

これは転職でも脱サラでも同じですが、ずっと手段を探して
1で触れた現時点や目的地に興味を示さない方がいます。

過去最高で20代で6回転職を繰り返していた方や
脱サラ後、5つのMLM(ネットワークビジネス)を転々としている方
投資の失敗を取り返すために借入を繰り返す方など。

失敗すること自体は悪いことではなく、むしろ成長のために不可欠だと思います。
私自身も独立後、様々な職種や仕事内容に挑戦しては成功や失敗を繰り返し、試行錯誤の連続です。
ただ、その行動にご自身の一貫した考えはありますか?
私の場合は、時々の手段は違っても、
働き方に悩んでいる人に対して、自分の個性を活かして自由に生きてほしい。
そのきっかけを与えたり、そのサポートをしたいという思いは一貫しています。
※この思いは自分自身の就活や会社員時代に苦労したことから生まれた考えです。

もし今アナタが現状の生活や仕事に不満だらけになっているとしたら、
手段ばかり探していないか。一度深呼吸をして考えてみてください。

このように、1~3を見直していくことで、脱サラに向けた活動や転職活動が好転することを祈っています。
脱サラ関連の記事は以下にてまとめているので、よろしければコチラを参考にしてください。

関連記事

20代で「脱サラしたい」ならやるべきこと【リスク回避方法も】

脱サラして良かったと感じる5つのこと【20代で脱サラした体験談】

「これが大変!」脱サラして苦労したこと【20代で脱サラした体験談】

脱サラ、転職が上手くいかない方!本当の理由を公開【採用側の本音】